振袖に合わせたメイク方法

振袖の帯の選び方

振袖の帯の選び方 着物を着る機会が減ると、着物に対してどの様な帯を選べば良いのか悩んでしまいます。
例えば派手な振袖が苦手だから落ち着いたものを選び、帯も同じような色合いや柄にしてしまうと、全体がぼやけてしまいます。
そこで金色の帯は多くの振袖に合うので、一度試してみる価値はあるでしょう。
また何にでも合いそうな白色は実は多くの色にた対して相性としては悪く、銀色は赤や桃、青色に合うという特徴があります。
近年では古風な柄ではなく、モダンな振袖を見るようになりました。
この様な場合は、同じようなモダンな帯を合わせる方が合い、古風な種類には古風が合います。
色や柄は異なる種類を選ぶことで全体的なメリハリを付け、古風なら古風、モダンならモダンの様に、種類を統一することで統一感が出て良いです。
良い物を買えば自分の子どもにも着せてあげることの出来る振袖ですが、決して安い買い物ではありません。
結婚する前に多くの機会で着ることで、良い買い物をしたと思えるでしょう。

若者が振袖を着る時にアクセサリーを付ける理由

大切な行事などで着用される事が増えてきている振袖は、昔に比べると着こなし方や小物が大きく変わっています。
特に変わったのが、小物としてアクセサリーを付けるという事です。
昔は振袖を着る時にアクセサリーを付ける事はほとんどありませんでした。
現在はネックレスやブレスレット、イヤリングや指輪など様々な種類の中から選んで付けている人が非常に多いです。
なぜ、このような人が増えてきたのかというと、若い世代の人が振袖を着る機会が増えたからです。
昔は大人の女性が着用するイメージがとても強かったですが、若い人に好まれるデザインの物が増えた為、大切な行事などで若い人が着る事が多くなりました。
しかし若い人の多くが、バッグや髪飾りで着飾るだけでは物足りないと感じる人が多かった為、アクセサリーを付ける人が少しずつ増加しました。
それに伴って、和をモチーフにしたアクセサリーを販売しているお店も増えました。
若い世代の人が持つ、明るさや元気な印象をより引き立てる為に振袖を着用する際の小物も変化し続けています。