振袖に合わせたメイク方法

振袖のメイクは白めの肌に鮮やかな口紅

振袖のメイクは白めの肌に鮮やかな口紅 振袖など華やかな装いには普段のナチュラルメイクよりもポイントを絞った方が、清潔感があって素敵です。ポイントは白めの陶器のような美しい肌にリップの鮮やかなカラーです。
一番大切なファンデーションベースメイクのファンデーションは、特に和服では重要です。化粧下地、コントロールカラーでくすみをカバーしておきましょう。
ファンデーションはワントーン明るい白めの色を丁寧に塗ります。振袖など和服ではお顔のテカリは似合わないので、パウダーをたっぷりとマットに仕上げます。
首と顔の境目は注意してきれいになじませます。 和服のアイメイク、和服には柔らかいイメージが合いますので、眉はキリリとしたシャープな形でなく丸みを持たせたラインに仕上げます。
アイメイクは、アイラインを強調してカラーは控えめに仕上げます。
チークと口紅、チークはふんわりと入れますが、色選びがとても大切です。チークと口紅は黒、紫、青、ピンクなどシルバー系にはピンク系。赤、緑、オレンジ、黄色などゴールド系にはオレンジ系のチークとリップが合います。
振袖は強い衣装なので、しっかりと唇を強調すると一段と印象的になります。

ウィッグを使って振袖姿をきれいに見せる方法

振袖を着ていると、多くの人の視線を浴びるということに気が付くことがあります。
やはり着物を着ているというのは、日本の文化というべきものもあるので、やはりすっきりと、キレイだなというようにとらえられます。
また振袖は、若さや、華やかさというようなものを同時に感じさせてくれるので、多くの人が目をとめるということになるのではないでしょうか。そんな振袖着用時には、やはり姿勢であったり、身だしなみというものにも注意して、きれいに見せたいものです。
現代女性の悩みとしては、着物を着るときに、髪の毛がいまいち決まらないということがあるのですが、そういった場合にはウィッグを利用してみるということがお勧めです。
振袖を着るときには、多少髪の毛にボリュームを出しておいたほうがいいので、ウィッグを利用することで、髪の毛の盛り上がりを演出してくれるので、髪飾りをつけてもバランスがよく見えます。
ウィッグは部分的につけられるということもあるので、大きさなどを選んで利用しましょう。