振袖に合う髪型と髪飾り

振袖の髪型について

振袖の髪型について 振袖を着た場合の髪型は、髪の長さにもよりますが、基本的に襟足の美しさを出すことがより美しい姿に見えます。
ロングヘアの方の髪型は、長さが十分にありますのでどんなスタイルも可能です。全体や部分的に編み込みを入れたアップスタイルが人気です。
編み込みもしっかり編み込むタイプよりも、ゆるふわの感じで編み込みながらまとめていき、前髪はおろして、横に少し髪の毛を残すのが最近の傾向です。
大きな花をつけたり、櫛や羽など髪飾りも自由自在です。サイドアップは、すっきり見えるように片方だけ垂らした髪型です。
つけ毛もありますので、ショートヘアの方でもうまくまとめられます。ミディアムヘアの方は、全部を下ろすとせっかくのきれいな襟足が見えませんので、後ろはアップにしてつけ毛をするとボリュームが出ます。
つけ毛の種類でアレンジはたくさんあります。ショートヘアのかたは、アップにしたければ、長さが5cmもあればスタイル剤でしっかり上げてからボリュームのあるつけ毛をすればまとまりますが、横だけを編み込んだり、和柄やシックなカチューシャをつけたり、ショートヘアを活かしたヘアスタイルも振袖姿にマッチします。

振袖に合う髪飾りの選び方

華やかな振袖を着たときは髪飾りも着物に映えるものを選ぶように心がけたいものです。和装一式をそろえたものの髪飾りが最後まで決まらないという人も多いようですが、選び方にとくに細かいルールはありません。
たとえば生花を使ったりレースやパールを盛り込んだりと意外に自由が利きます。
髪飾りを選ぶポイントは色、大きさ、飾るバランスの三つです。
振袖の色や柄の大きさを基準に選ぶと最も失敗が少ないでしょう。あえて小ぶりなかんざし一本にしてみたり、思い切って大きなリボンや花をたっぷり盛ってみたり、色んな方法がありますが配置バランスだけはセンスを問われるところです。
自分でうまく飾りつける自信がない人は、無理せずプロの美容師さんにお願いした方が無難です。
女性らしさを強調したい人にはつまみ細工やパールが揺れるタイプのかんざしがおすすめ。モダンに仕上げたい方にはリボン飾りが人気です。
髪飾りは着物に合ってさえいれば素材や色形を問いません。自分だけのオリジナル飾りを手作りしてみるのも楽しいでしょう。