振袖に合わせたメイク方法

黒い振袖を選ぶのも個性

黒い振袖を選ぶのも個性 振袖は昔から祝いの席で着用する事が多く、着るのは未婚の若い娘とされていました。
今でも卒業式や成人式、結婚式に着て行く方もいるでしょう。
よく目にする色は赤やピンクなどをよく見かけます。
青や緑も見ますが断然、赤が多い様に思われます。
様々な色のものがあり、自分の個性を生かした好みの色を選ばれるかと思いますが、黒はあまり目にしません。
やはり喪のイメージが強く、祝いの席で若い娘が着るには不向きだという事が考えられます。
ですが、めでたい席で着る留袖は黒で、主賓より目立たない様にといった意味もあり、決して黒がいけないわけではない様です。
近年は、女性もかっこよく着こなしたいという人も多く、普段の洋服でも人気があります。
振袖も黒地に華やかな花や蝶の絵柄をあしらったものもあり、かっこよく、凛とした美しさが際立ちます。
親などに若いのだから明るい色を着ろと言われた昔の時代と違って、振袖も色にこだわらず自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

おしゃれな振袖を購入する方法

20歳を祝う成人式では、青、赤、緑、黒、白、ピンクといった色とりどりの鮮やかな振り袖を着た女性の姿を目にします。
もちろん色だけではなく、個性的でおしゃれなデザインの着物ばかりです。
では、個性的でおしゃれな振袖を購入するためにはどうすればいいでしょうか。
それは、たくさんの着物を取り扱っている呉服店などの着物専門店で選ぶことです。
呉服店はたくさんの種類を取り扱っているので自分の好きな色やデザインを選ぶことができます。
さらに、インターネットを活用するのも一つの方法でしょう。
直接試着することができませんが、自宅でゆっくりと自分の気に入るまで選ぶことができるのが魅力です。
選ぶ際には、成人式ぎりぎりになって選ぶのではなく十分前もって準備するようにしましょう。
自分が気に入ったおしゃれな振袖を購入することができたなら、その振り袖に似合う髪型とメイクをしましょう。
さらに、小道具もおしゃれなものをそろえましょう。