日本の振袖の素晴らしさ

日本の振袖の素晴らしさ

日本の振袖の素晴らしさ 未婚女性の盛装着は、何といっても振袖です。高価なものには、キリがありませんが、お手入れさえちゃんとしておけば、何代も着ていけるものです。
柄も基本的には、流行にさほど左右されることも無く、帯や小物を変えれば、印象がかわってきます。日本の着物は、どんなドレスよりも華やかで格調の高い衣装です。
しかも、未婚女性ならではの物です。振袖には、中振、大振がありますが、卒業式などの、袴などに着られるものは、中振袖でしょう。大振りの袖のものは、成人式や結婚式などに着用します。
帯は、名古屋帯では無く、袋帯を閉めます。着物同様、帯も高価なものには、きりがありません。最近では、帯の結び方も様々で、より、華やかさを引き立ててくれます。
小物類でも、演出します。帯揚げは、絞りなどがよいでしょう。帯締めには、丸くけと言う、綿入りの布製のものか、組紐で編んだ物を使用します。
また、長襦袢の襟には、刺繍の入った豪華な刺繍襟や着物と襟の間に伊達襟をつけたりすることもあります。足袋は白を使用します。草履は、やや厚みのある草履がよいでしょう。
髪は、うなじを大きく開けるので、アップにして、ボリュームをもたせたヘアースタイルにしましょう。
豪華な着物は日本の宝です。

裾除けもセットに入った振袖レンタル

着物初心者に助かるのが着物レンタルです。
今日では日本人でも着物を着用するシーンが少なくなってしまいましたが、成人式にはせっかくのチャンスなので振袖を着てみたいという女性もいるのではないでしょうか。
振袖は高価なものであり、着用する回数も少ないものです。そのためにレンタルで利用する人も多いものですが、着物レンタルでは全てがセットになっているので自分で用意するものもなく非常に手軽です。
振袖のレンタルは、利用料金の中にレンタル代と万が一着物を汚したり傷つけてしまった場合にも安心な保険、クリーニング代がセットになった料金で提示されています。
また、肌に直接触れるような肌着類は洗濯をしてもらっていたとしても見知らぬ誰かが着たものとなれば誰でもいやなものです。
しかし、振袖レンタルの中には貸し出しではなく買い取りとして新品で肌着類をつけてくれています。上半身に着用する肌襦袢、下半身にスカート状になって裾さばきが良くなる裾除け、足袋は用意されており、これらは返却をする必要がありません。
肌襦袢や裾除け、足袋は洗濯をすればまた次回に着物を着用する時には必要になるものであり、持っていて損をすることはないアイテムです。

「振袖」に関するおすすめリンク

ご予算に合わせて豊富な種類から選べる振袖専門店のサイト

振袖 レンタル